東京Central DC フォークリフトオペレーター 主任 正社員 Sさん 東京Central DC フォークリフトオペレーター 主任 正社員 Sさん

インタビュー

考えて進めると、
仕事がさらに面白くなります!

Sさん 入社10年

東京Central DC フォークリフトオペレーター 主任 正社員

現在、こちら松岡の東京Central DCでフォークリフトオペレーターの主任として勤務をしています。東京Central DC は29,000トンの収容能力を持つ巨大な冷凍倉庫。もちろん松岡の自社施設です。ここでフォークリフトを使い、荷物の搬入、検品、格納、搬出業務を担当しています。仕事の面白さは、自分で考え、判断して業務が行えること。

東京Central DC フォークリフトオペレーター 主任 正社員 Sさんの仕事の様子1

特に、荷物を庫内に収納する際には、商品の種類などを考え作業を行っています。この荷物は回転が早いから出しやすい場所へ、これは長期の収納になるので奥の方に。またフォークリフトの動きやすさ、庫内を効率的に使うことも考えながら作業をしています。もちろん荷物の種類など覚えることも多いですが、それができるようになれば、ちょっとしたパズルみたいな面白い作業ですよ。

さんの仕事の様子2

入社して10年ですが、一度、松岡を離れているので、実はもう少し長いんです。自分の力を試してみたくて、他のオフィス用品を扱う、倉庫業務に転職したんですね。でも、転職してすぐに不景気でその会社が潰れてしまいました。困っちゃいましたね。当時の東京Central DCの所長さんに相談すると「戻ってこい」の言葉をいただきました。ありがたかったし、食という、人の生活に欠かせない商品を取り扱う松岡という会社の強さを改めて感じました。好不況に影響されず安定的に働けるのは今の時代大きなメリットだと思います。

さんの仕事の様子3

松岡に戻ってきてから2,3年で主任に昇格しました。しっかり仕事で評価してもらえるのは嬉しいです。あと、結婚もして娘も生まれました。ここの部署は、比較的残業も少なく、お休みもしっかりいただける環境です。プライベートで少しでも長く娘と過ごせるのは、ホントに嬉しいです。

松岡の仕事

「世界の海から世界の食卓へ」日本の豊かな食文化の創造に貢献する松岡の業務をご紹介

水産原料販売、加工品販売、物流事業。松岡を支える3つの事業です。
それぞれが連動し、拡大する松岡の3つの事業について、それぞれ詳しく説明していきます。

東京Central DC フォークリフトオペレーター インタビュー|株式会社松岡